スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5s レビュー!


9月20日は待ちに待ったiPhone5s/5cの発売日!

私もiPhone4Sから5sに機種変更しました。
今日はそのレビューでもと思います。



今回のカラーのラインナップは
ゴールド
シルバー
スペースグレイ


今回私が選んだ色はスペースグレー。
本当はシルバー狙いだったんですけどね。
近所のauショップは当日入荷がスペースグレイのみだということで我慢できずにこの色にしました。

選んだ容量はauの64GB。
4Sの時も64GBを使ってましたが、色々な動画や画像、アプリを入れていたら32GBなんてあっという間に使ってしまいまして、64GBじゃないとキツくなってしまいましたw

今回の主な追加点
カメラ機能の強化
処理速度を強化
指紋認証機能追加

ざっとこんな感じですかね?

主なスペック詳細は下記のアップル公式サイトを参照ください。
iPhone5s仕様



カメラは手ブレ補正が効くようになりました。




確かに以前に比べて撮りやすくなったので、シャッターチャンスを逃す可能性は減ったかもしれないです。



処理速度もA7というチップを使っており、5の2倍の速度が出るそうです。
かなり速くなったと体感しました。
前機種が4Sだったのもありますが、かなり差があります。

puffinというFLASHが再生出来るブラウザアプリがあるのですが、試しにFF13-2の公式サイトを閲覧してみたら一目瞭然でした。



4Sの時はかなりもっさりで見られたものではなかったのですが、5sにしたら多少カクツクものの、かなり見られるようになり、ストレスはそこまで感じなくなりました。




そして今回の目玉追加機能。
指紋認証!

これはかなりすごいです。


このロック解除する際のパスコード画面で指紋認証出来ます。


しかし、このロック画面からでも指紋認証をすることが出来るのです。



この画面で指を添えておくと、スライドせずにロックが解除されるのです。



他にもiTunesのアプリや楽曲の購入も指紋認証でパス出来ます。

ちなみに切断された指では認識はされないらしいです。


そして注目の回線速度。
私自身、今回が初めてのLTE回線なのですが、3G回線とは比べ物にならないくらい速いです。

こちらは自宅の5s、LTE回線



こちらが5s、wi-fi回線


ほぼ同じ速度で出ており、下りに関してはLTEの方が速かったです。


そして今回のiPhone5sは800mhz帯に対応しているということで、LTE回線領域が増えたとのことです。
試しに私も都営大江戸線の練馬→新宿間を試してみました。
地下に入る瞬間はちょっと3Gになったものの、あとはLTEがまったく途切れることはありませんでした。

試しに東中野→中野坂上間を回線速度も測ってみました。
結果はこんな感じです。



地下鉄にしてはかなり充分な速度が出ています。
Safariを開いててもまったくストレス無く見られました。

そのうち噂のLTEが入らないという品川あたりも試してみたいですね。


ということでざっくりですが、iPhone5sのレビューをしてみました。



今回iPhone5cの予約は一週間前から始まっていたのですが、iPhone5sの方は事前予約無しで、発売日当日からの販売、予約を開始との事でしたので何とか手に入って良かったです。
ゴールドとシルバーはやはり品薄らしく、比較的グレイは手に入れやすかったみたいですね。

機種として現在満足しています。
auのiPhone5の時に電波で不満があった人、iPhone4SでiOS7を試してみたい方にはオススメします。
ただ、2~3ヶ月後に果たしてこの電波の状態でいけるかがまだ不安要素ではありますね。
SoftBankやdocomoもどういう戦略や対策を打ち出してくるかまだわかりませんし。
現時点ではauはかなりいい感じだと思います。

以上iPhone5sのレビューでしたー!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
レビュー記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
いつもお世話になってるブログさんです
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。